働きたくないゆとりの備忘録

プログラミングとかサーバーとか学んだことをいろいろ書いていきたい。。。

やはりフルスクラッチでプログラミングするのは勉強になる。だがしかし…

スポンサーリンク

どうも。人生詰みかけのニートです。

僕はプログラムを組むとき、なるべくライブラリやプラグインを使わずに一から作っています。

いわゆるフルスクラッチというやつですが、これが非常に勉強になる。

フルスクラッチをする理由は、「仕組みはよく分からんがこれで実装できる!!」みたいな考え方はせずちゃんとプログラミング技術を身につけたいからです。

実際プロの現場でもフレームワーク任せでどういう仕組みで動いているかよく分かっていない人もいるとかいないとかで、そういう中途半端なプログラマーにはなりたくないのです。

ただ、フルスクラッチは間違いなく技術が身につくのですが、時間が超かかるという大きな問題があります。

スキルアップに時間を先行投資しているわけですから当然なんですが、僕みたいにタイムリミットが近い人間にとっては自分で首を絞めているようなものです。

ましてや僕が目指しているWebサービスの世界はスピードが勝負なため、呑気にフルスクラッチしていると置いてきぼりになります。

スピード重視でガンガン中途半端なWebサービスを作っていくのか、将来を見据えて着々とスキルを高めつつゆっくりWebサービスを作るのか、はたしてどちらが正解なんでしょうかねぇ。