働きたくないゆとりの備忘録

プログラミングとかサーバーとか学んだことをいろいろ書いていきたい。。。

CentOS 7にMySQL最新版をインストール

スポンサーリンク

CentOSやMySQLの仕様変更に対応しつつ最新版をインストールするためのメモです。

使用したOS

[root@localhost ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.1.1503 (Core)

データベースサーバー構築

最新のMySQLをダウンロード

今回は記事作成時点で最新の5.6.24をインストールします。

wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm

他バージョンを使いたいなどの場合は公式サイトからダウンロードしてください。
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/

MariaDBをアンインストール

CentOS 7からはデフォルトでインストールされているデータベースがMySQLからMariaDBに変更されています。
MariaDBはMySQLと互換性のあるオープンソースデータベースですが、競合してしまうため通常はMySQLをインストールできません。

[root@localhost src]# rpm -ihv MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm 
準備しています...              ################################# [100%]
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/README (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/czech/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/danish/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/dutch/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/english/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/estonian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/french/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/german/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/greek/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/hungarian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/italian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/japanese/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/korean/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/norwegian-ny/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/norwegian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/polish/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/portuguese/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/romanian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/russian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/serbian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/slovak/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/spanish/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/swedish/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/ukrainian/errmsg.sys (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/Index.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/armscii8.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/ascii.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp1250.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp1251.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp1256.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp1257.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp850.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp852.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/cp866.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/dec8.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/geostd8.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/greek.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/hebrew.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/hp8.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/keybcs2.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/koi8r.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/koi8u.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/latin1.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/latin2.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/latin5.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/latin7.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/macce.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/macroman.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。
	ファイル /usr/share/mysql/charsets/swe7.xml (パッケージ MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64 から) は、パッケージ mariadb-libs-1:5.5.41-2.el7_0.x86_64 からのファイルと競合しています。

なので、先にMariaDBをアンインストールしておきます。

yum -y remove mariadb-libs
Data::Dumperをインストール

Data::DumperというPerlのモジュールが必要なのでインストールします。

yum -y install perl-Data-Dumper
MySQLをインストール

ダウンロードしたMySQLをRPMコマンドでインストールします。

rpm -ihv MySQL-server-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm
wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-client-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm
rpm -ihv MySQL-client-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm
wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-devel-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm
rpm -ihv MySQL-devel-5.6.24-1.el7.x86_64.rpm
my.cnfを設定

MySQLのオプションを指定するmy.cnfを雛形から作成します。

cp /usr/share/mysql/my-default.cnf /etc/my.cnf

次に、下記をmy.cnfの末尾に追加します。

vi /etc/my.cnf


datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
character-set-server=utf8

[client]
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8

[port]
port=3307

オプションは状況に合わせて適時変更してください。

動作確認

MySQLを起動した後、バージョンが確認できればインストール完了です。

systemctl start mysql
mysqld -V
初期パスワード確認

MySQL 5.6からrootユーザーに初期パスワードが設定されるようになりました。
下記ファイルにランダム生成されたパスワードが書いてあります。

cat /root/.mysql_secret

# The random password set for the root user at Sun Apr 19 05:45:36 2015 (local time): XXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXの部分がパスワードです。

2015年10月26日追記
MySQL5.7.6から初期パスワードの場所が変更されています。
MySQL5.7.6以降での初期パスワード確認方法

セキュリティ初期設定

MySQLには「mysql_secure_installation」という基本的なセキュリティ設定ができる便利なコマンドがあります。

[root@localhost ~]# mysql_secure_installation



NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MySQL to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MySQL, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):
↑初期パスワードを入力
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MySQL
root user without the proper authorisation.

You already have a root password set, so you can safely answer 'n'.

Change the root password? [Y/n] Y
↑rootユーザーのパスワードを変更する
New password: 
↑新しいパスワードを入力
Re-enter new password: 
↑新しいパスワードを入力
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] Y
↑匿名ユーザーを削除する
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] Y
↑リモートでのrootユーザーへのログインを禁止する
 ... Success!

By default, MySQL comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] Y
↑testデータベースを削除する
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] Y
↑権限テーブルを再読み込みする
 ... Success!




All done!  If you've completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!


Cleaning up...
動作確認

試しにMySQLにログインしてselect文を発行してみます。

[root@localhost ~]# mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 12
Server version: 5.6.24 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
mysql> select user, host from mysql.user;
+------+-----------+
| user | host      |
+------+-----------+
| root | 127.0.0.1 |
| root | ::1       |
| root | localhost |
+------+-----------+

問題なさそうです。



以上でMySQLのインストールは終了です。